top of page

過敏だけじゃない。見えない生きづらさ〜触覚低反応〜

更新日:2023年7月6日


キッズランドまめの木|子育てコラム|感覚低反応|#茨城 #放デイ #発達支援


聴覚や嗅覚の感度は人によって異なります。女性の場合、妊娠中に臭いに敏感になった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。


発達障害の症状の1つとして「(感覚)過敏」はよく知られていますが…実は反対に「低反応」のケースもあります。とってもざっくり言えば「感覚がにぶい」という状態です。刺激に対する反応が人より小さい(低い)。


日常生活の刺激が痛みや苦痛になりがちな感覚過敏に比べると、低反応の困りごとは想像しにくいかもしれません。でも実は…かなり深刻な生きづらさにつながることもあるんです。


痛みに対する反応がにぶい場合、ケガへの対処が遅れる可能性があります。また、痛みを感じにくいため、自分にとって心地いい強さでスキンシップした結果、無自覚に人を傷つけてしまうこともある。


つまり…



低反応によって危機管理や対人コミュニケーション上の課題が大きくなりやすいということですね。



さらに…

触覚の低反応があると愛着形成にも困難が起きやすくなります。触覚が低反応だと接触・密着の効果が出にくいからです。低反応のためにハグなどの肌のふれあいによる愛着形成が進みにくい。


結果…


子どもから保護者への愛着が形成されにくく、親子関係にも課題が生まれやすくなる。こればかりは特効薬もないので工夫しながら根気強く向き合うしかないのですが…



感覚には「低反応」もあるということ、そして触覚低反応の場合、愛着形成にも根気強さが必要だということを…ちょっと頭に入れておくとよいかもしれませんね。




お問い合わせはまめの木公式LINEでも対応しております(*´▽`*)



キッズランドまめの木は、茨城県県南地域(石岡市・土浦市・小美玉市・行方市)に複数の施設を運営中。医療ケア児にも対応し、保護者のお悩み相談に対応するカウンセラーも配置しています。 >お子様の障がいや発達の偏りにお困りの方 >困ってないけど子どもの資質をもう少し伸ばしてあげたい保護者のみなさま… ぜひ一度、まめの木までお問合せください。 相談支援専門員や公認心理師が対応させていただきます。

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page