top of page

障害児教育の真の目的とは?教科教育の背後に隠されたホントウのねらい


キッズランドまめの木|教科教育・義務教育・学校教育|特別支援・療育・発達支援・放デイ・発達障害

いつもお世話になっております。今回のブログでは、教育における「目的」と「手段」の違いについて、具体的なエピソードを交えて考えてみたいと思います。




教育の真の目的

最近、さまざまな「◯◯教育」という言葉を耳にすることが増えました。例えば、学校での「プログラミング教育」。しかし、この「プログラミング教育」の目的は、実はプログラミングの技術を習得することではありません。プログラミング教育の目的は問題発見能力や仮説検証能力を身につけることにあります。




障害児教育の深い意味

障害のある子どもたちにとって、教育の目的は「特定のスキルや知識を習得すること」だけではありません。それよりも、自分自身を理解し、他者との関わり方を学ぶこと、そして社会との関わり方を学ぶことが重要です。これらの能力や態度を身につけることで、子どもたちはより豊かな人生を歩むことができるようになるからです。




具体的な事例

近年、障害のある子に対する教育のニーズは高まっています。令和3年度の特別支援教育を必要とする学齢期の子どもの数はおよそ53万人で、10年前に比べておよそ2倍に増えています。この増加の背景には、障害のある子への社会の理解や認識の高まりや、それに伴う教育の場の整備が進んでいることが挙げられます。しかし、特別支援教育を行う先生の専門的な知識の不足や、障害のある子が通常学級で学べないという課題も存在しています。(出典)




まとめ

子どもたちの成長を見守る中で、時には困難や挫折もあるかと思います。しかし、その中での経験や学びは、子どもたちの人生にとって大切な宝物となることでしょう。私たち大人が、その成長を温かく見守り、適切なサポートをしていくことが、子どもたちの未来を明るくする鍵となります。


さらに詳しい情報やサポートが必要な場合は、お気軽にお問い合わせください。まめの木は、障害のある子どもたちとそのご家族のために、最善のサポートを提供することを心から願っています。



今日も最後までお読みいただきありがとうございました!



・・・・・・・



まめの木では保護者のみなさまからの子育て相談にも対応しております。まめの木をご利用されてない方でも、可能な限り対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。(お問い合わせ用公式LINEはこちら

Commentaires


bottom of page