top of page

アニメが公開されると「声が違う」と感じるワケ。

更新日:2023年3月30日


キッズランドまめの木|茨城(児童発達支援)|子育てコラム

鬼滅の刃の新シリーズが始まるとのこと。



漫画原作のアニメが公開されると必ず話題になるのが「思ってたのと声が違う」という意見。私自身、ワンピースの放送開始時にはルフィの声に違和感を覚えました。



あの現象はなぜ起こるのでしょうか?



それは、文字を見て自分なりに脳内で音声化しているからです。漫画や小説の文字を見て、これまでの経験を元に勝手に音を作り出す…その結果、自分の想像上の声とアニメの声の差が違和感になるのですね。



でも実はこれ、生まれつきの能力ではありません。絵本の読み聞かせや音読など…読む・話す・聴くの繰り返しの中で発達していく能力なのです。(音韻などと呼ばれます)



後天的に発達していく能力ですから、当然、子どもたちの中には音韻の獲得が遅れている子もいます。



絵本の読み聞かせや音読は、脳と耳の発達のためにとても効果的。本に触れ、一緒にたのしむ習慣を大事にしていきたいですね。






キッズランドまめの木は、茨城県県南地域(石岡市・土浦市・小美玉市・行方市)に複数の施設を運営しています。医療ケア児にも対応。保護者のお悩み相談に対応するカウンセラーも配置しています。 >お子様の障がいや発達の偏りにお困りの方 >困ってないけど子どもの資質をもう少し伸ばしてあげたい保護者のみなさま… ぜひ一度、まめの木までお問合せください。 相談支援専門員や公認心理師が対応させていただきます。



お問い合わせはまめの木公式LINEでも対応しております(*´▽`*)

留言


bottom of page