top of page

自閉症の子どもとのコミュニケーション〜理解と支援のための実践的アドバイス〜


キッズランドまめの木|茨城・石岡|子育て支援・発達支援・療育・放課後等デイサービス・児童発達支援|インクルーシブ・発達障害・神経発達症・自閉症

(目安:3分)


この記事では、自閉症の子どもたちの特性を理解し、彼らと適切にかかわるための具体的なヒントを提供します。



(読みやすさを考慮し、本稿では「自閉スペクトラム症」を「自閉症」と表記します。ご了承ください。)



自閉症の特徴とそれによる子どもの行動


自閉症は、コミュニケーションや言語の発達に困難を抱える発達障害(神経発達症)です。表情や声のトーン、身振りなど明確な言葉以外の部分を理解することがむずかしい傾向があります。



また、関心や興味が限定されるため、特定のことに集中し、他のことには関心を示さないこともあります。



予測可能な環境を好む傾向があるため、執拗なくり返しを求めることがあります。変化や予想外の出来事に対して、不安や抵抗を示すことも少なくありません。



自閉症の子どもへの接し方とコミュニケーション方法


自閉症の子どもとの関わり方には、以下のようなポイントがあります。


まず第一に、子どもの特性を理解し、その特性に合わせた対応をすることが大切です。感覚過敏やルーティンへのこだわりなどを把握し、柔軟に対応することが求められます。



早めにくり返し予定を伝えておくなど、本人にとって予測可能な環境を提供することで、子どもの安心感を高めることができます。



また、言葉やコミュニケーションにおいても配慮が必要です。自閉症の子どもは言葉の理解や表現に困難を抱えることがあります。簡潔な言葉やわかりやすい指示、視覚的なサポートなどを活用することで、子どもとのコミュニケーションをスムーズに進めることができます。



さらに、子どもが興味を持っていることに対して共感や関心を示すことも大切です。子どもの特性に合わせた関心を持つことで、子どもとの関係を築き、コミュニケーションの機会を増やすことができます。



自閉症の子どもの特性を理解し、適切な接し方やコミュニケーション方法を取り入れることで、子どもの成長や発達をサポートすることができます。



 コミュニケーションのヒント


・シンプルな表現を  複雑な指示よりも、短く簡潔な言葉を使いましょう。 ・言葉だけに頼らない  言葉が通じにくい時は、ジェスチャーや視覚的な手段を用いると良いでしょう。 ・子どもの興味を共有する  子どもが興味を示しているものにいっしょに注目し、その話題でコミュニケーションを図りましょう。


キッズランドまめの木|茨城・石岡|子育て支援・発達支援・療育・放課後等デイサービス・児童発達支援|インクルーシブ・発達障害・神経発達症・自閉症


家庭での支援と教育


自閉症の子どもを育てる家庭では、日々の支援と教育が非常に重要です。子どもの特性を理解し、忍耐強く対応することで、彼らの成長を支えることができます。彼らの成長はご家族の負担の軽減にも直結します。着実な成長を期待し、丁寧にアプローチしていきましょう。



 実践できるアプローチ


・ルーティンをつくる  朝の支度や寝る前の準備などは、手順を一覧表にして貼っておくのもよいかもしれません。また、カレンダーに予定を書き込むことで本人にとって予測しやすい状況になります。 ・ペアレントトレーニング  専門家から効果的な関わり方を学び、実践しましょう。実はほめ方ひとつとってもやり方は無数にあります。何をどのようにほめればよいのか、どんな環境を整えればいいのか…定期的に専門家からアドバイスを受けることをおすすめします。



キッズランドまめの木|ASD・ADHD・神経発達症|茨城県・石岡市・県南・発達支援



学校や地域社会での役割


自閉症の子どもたちが社会に溶け込むためには、学校や地域社会のサポートが不可欠です。敵対するのではなく、相互にフォローし合いながら、よりより子育て・教育の形をともに考えていきましょう。



保護者や学校先生以外の大人との安心感のある交流は、社会性の向上をうながし、よりよい社会生活に向けて成長を加速させてくれることでしょう。



 社会での支援の充実


・個別の支援計画  相談支援専門員と連携し、お子様の支援計画を作成してもらいましょう。放課後等デイサービスなどの福祉サービスを利用するための第一歩です。 ・地域社会との連携  自治体ごとにさまざまな子育て支援サービスが提供されています。保健師への相談なども可能な地域が増えています。子ども食堂など、対象を限定しない地域支援を活用するのもよいでしょう。 「使えるものはなんでも使う」くらいの気持ちでちょうどよいと思います。


キッズランドまめの木|茨城・石岡|子育て支援・発達支援・療育・放課後等デイサービス・児童発達支援|インクルーシブ・発達障害・神経発達症・自閉症



まとめ:一歩ずつ理解を深めて

自閉症の子どもたちとの関わりは、彼らの世界を広げ、新たな可能性を見出すきっかけとなります。この記事で紹介したヒントを活用して、彼らとの絆を深め、共に成長する喜びを感じてください。



キッズランドまめの木では、より具体的に、お子さまの特性にあわせた関わり方のヒントを個別相談で提供しております。ご希望の方はまめの木心理相談室の公式LINEからお問い合わせください。



本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!



(お問い合わせ用公式LINEはこちら



 X(旧Twitter)好評更新中↓

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page